放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

11月6日放送 つくり育てる漁業~沖縄の漁業の未来を見つめて~


自然環境の変化や乱獲などから水産資源が減少している現代、“獲る漁業”から“つくり育てる漁業”へと、そのスタイルは変わりつつあります。今回のウチナー紀聞では、普段は見ることのない養殖現場の裏側や地元で養殖された魚にこだわり、魅力を発信する飲食店、自分たちの手で、つくり育てる漁業の研究に取り組む高校生たちを取材。沖縄の漁業の明るい未来を目指し、日々奮闘する人々を追いかけます。
スタッフ裏話
こんにちは。担当ディレクターの森井です。
今回の特集、いかがでしたか?
取材をして思ったことは、私たち消費者は当たり前のように海産物を食していますが、水産資源には限りがあるということ。今回取材したみなさんは、沖縄の漁業の未来を考え、努力を惜しまずに行動に移している方々ばかりです。ただ、それだけでは生産よりも消費や乱獲などが勝ってしまい、追いかけっこというのが現状です。このままでは10年後、20年後という近い未来、絶滅していく海の生物も多くあると思います。漁業の明るい未来を築くために本当に大切なのは、消費者である私たちが水産資源の現状にもっと関心を持ち、少しずつでも行動に移すことだと思いました。
今回取材させていただいた方々は以下になります。
もっと詳しくお知りになりたい方はぜひ、お問い合わせください。


★伊平屋村漁業協同組合・ヤイトハタ養殖
伊平屋村漁協では2001年から県内の漁業で初めてヤイトハタの陸上養殖を開始。2015年には伊平屋村は沖縄県からヤイトハタの拠点産地に認定された。ヤイトハタは沖縄の方言でミーバイと呼ばれるハタ類の一種。沖縄県が種苗(稚魚)の生産技術を確立したことから、県内で養殖をする漁協や企業が増えつつある。今や国内外のホテルや飲食店から引っ張りだこで生産が追いつかないほどになっている。
伊平屋村漁協では養殖のヤイトハタを使用した加工品も製造・販売している。
伊平屋村にある居酒屋・釣り吉では、伊平屋漁協で養殖されているヤイトハタにいち早く注目し、刺身・煮つけ・しゃぶしゃぶなどでヤイトハタを提供している。
【問い合わせ先】
①養殖や加工品について
伊平屋村漁業協同組合
TEL:0980-46-2368
※伊平屋村漁協のヤイトハタを使用した加工品は伊平屋村フェリーターミナル内の漁協直売店にて販売。
※伊平屋村漁協のヤイトハタは伊平屋村内の全ての飲食店で使用されている。
②釣り吉について
釣り吉
TEL:0980-46-2559
ホームページ:http://izakayaturikiti.ti-da.net/

★恩納村漁業協同組合・海ぶどう養殖
恩納村漁協では1989年から県内の漁協で初めて海ぶどうの陸上養殖の研究を開始し、5年もの歳月をかけて独自で技術を確立。1994年には海ぶどう生産部会を設立し、現在は80人のメンバーで年間およそ50トンの海ぶどうを生産している。海ぶどう生産部会の初代会長を務めた銘苅宗和さんは陸上養殖の研究に中心となって取り組んできたキーマンである。
【問い合わせ先】
恩納村漁業協同組合
TEL:098-964-2875
ホームページ:http://www.onnagyokyou.com/
※恩納村漁協の海ぶどうは恩納村内のリゾートホテル・土産品店・道の駅、県内の量販店などで販売。

★沖縄水産高校・シラヒゲウニ養殖
沖縄水産高校では20年以上前からシラヒゲウニの種苗生産・放流を行い、2014年からは、自分たちで育てた親ウニを用いて人工授精や飼育を行う完全養殖(陸上養殖)の研究に取り組んでいる。沖縄で食用とされるウニと言えば、シラヒゲウニのことで、乱獲やエサとなる海藻の減少などが理由で、県内の漁獲量は最盛期の千分の1以下に落ち込んでいる。
【問い合わせ先】
沖縄水産高校
TEL:098-994-3483
ホームページ:http://www.okisui-h.open.ed.jp/
※沖縄水産高校のシラヒゲウニは販売していません。


ご意見ご感想は下のフォームからお願いします。

番組のご感想

コメントはありません



番組の感想を書き込む

Comments must be approved before being published.