放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

8月31日放送 島とともに生きた民~貝塚時代の沖縄~


貝塚時代の沖縄
先月からスタートした「大いなる遺産シリーズ」。
第二話の今回、テーマは「貝塚時代の沖縄」です。
7000年前から、約6000年間も続いた沖縄の貝塚時代。
狩猟採集の民は、この島でどのような生活をしていたのか。彼らの生活を6000年間も支えたものはなんだったのか。
それらを明らかにするため、意外と身近にある遺跡や、無人島の発掘現場をたずねます。

スタッフ裏話
担当ディレクターの眞道です。

大いなる遺産シリーズ第二話、いかがでしたでしょうか。

今回は、あまりにたくさんのことを詰め込もうとし過ぎまして、かなり駆け足な印象を与えてしまったかもしれません。
何を隠そう、仮編集の時点では45分番組が出来上がってしまいましたから、焦ったのなんの。(読みが甘いのがバレますね・・・)

取材は今回もとても楽しかったです。

その中でも今回は具志川島のことを書きます。
本島の北に浮かぶ伊是名島と伊平屋島、具志川島はその間にある細長い形をした無人島です。
無人島と言っても、1970年代前半までは人が住んでいました。
現在でも、ジャングルの中に学校跡や水路の跡を見ることができます。
整備をすれば、昔の沖縄の集落がコンパクトに見られる歴史スポットになりそうです。
なぜ、この無人島から遺跡が発見されたのか・・・
実は、具志川島の遺跡が見つかったきっかけは、1975年の海洋博覧会なのだそうです。
海洋博会場の工事のため、砂が大量に必要だったそうで、その採砂のために具志川島を掘ったところ、人骨が見つかり遺跡の発見に至ったと・・・。
もしかしたらもって行かれてしまった人骨もあったかもしれませんね。

遺跡の発見というのは往々にして、そういうことがきっかけになることが多いようです。
区画整理や農地開発のために掘ったら、なにやら出てきた・・・というように。

撮影しに行ったのは、今年の梅雨明けすぐ。
とにかく、海が美しかったです。
具志川島には宿泊施設がないため、発掘調査をされている埋蔵文化財センターの方々は、伊是名島に泊まって朝夕漁船に揺られて島に入ります。
私たちも便乗させていただきました。


具志川島上陸後に撮影しました
向こうに見えているのは伊平屋島です
乗ってきた漁船も写っています



確かに砂丘の島でした
沖縄じゃないかのような風景ですね



サザエの蓋の密集したところを撮っています
ここでは、カメラの色の調整をしているとき有り得ない数値が出て、
何度やってもうまくいかず、「こんなの初めて!」と、
カメラマンがビックリしていました
この場所・・・なにかあるのか???



伊是名と具志川島の間には、かなり速い海流が流れているそうで、少しでも風がふくと漁船はそうとう揺れるのだそうです。
(私たちが行った時はラッキーなことに、揺れはそれほどでもありませんでした。)

海流というのは4000年前も今も大して変わりはないと思います。
ということは、具志川島に4000年前に暮らした人たちは、その海流を渡る術をもっていたということになります。
手漕ぎの舟で、もしかしたら、帆をたてて風も利用していたかもしれません。
天気を読み、風を読み、海を読んで、ともすると命がけで海を渡っていたはずです。

そうまでしてこの島に暮らしたのはなぜなのか・・・
この島には人々をひきつけるどんな魅力があったのか・・・

まだ、そこのところはわかっていません。
そこを解明するべく、発掘調査はこれからもきっと続きます。


終わりに・・・
今回、北谷町の「伊礼原遺跡」を番組の中で紹介し、北谷町のレセプションホールで開催されていた展示会の告知をしましたところ、テレビを見たたくさんの方が来場されたとの報告を受けました。
番組内では短い時間で、少ないインフォメーションしかできず、申し訳なく思っていましたが、みなさん足を運んでいただけたと聞いて安心しました。
身近にある遺跡や、沖縄の歴史に少しでも関心を持っていただけたということが、私たちにとってなによりの喜びです。
ありがとうございました。
(※展示会は9月1日(月)で終了しました!)



さて、続いて第三話は9月28日(日)の放送です。
息つく間もなく制作に入っています。

第二話の終わりにも言いましたが、貝塚時代からグスク時代への転換期、琉球諸島の島々にはとても大きな動きがありました。
なにがどうしてどうなっちゃうのか!!

とにかく来月また、お会いしましょう!
お楽しみに!



ご意見ご感想は下のフォームからお願いします。


番組のご感想

コメントはありません



番組の感想を書き込む

Comments must be approved before being published.