放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

6月3日放送 沖縄の塩~海から生まれる おいしい宝石~


null
沖縄で古くから作られてきた塩。しかし、どんな種類があるのか、どうやって作られているのか、意外と知らないことばかり。そこで今回は沖縄の塩を特集します。沖縄の塩の歴史、塩の魅力を発信するソルトコーディネーター、自然の力を利用した昔ながらの製法を貫く塩職人など、知れば知るほど奥深い、塩の世界。 スタッフ裏話
こんにちは。担当ディレクターの森井です。
今回の沖縄の塩特集、いかがでしたか?
私も取材で知りましたが、沖縄には製塩所が30もあり、100種類以上の塩が作られているとは驚きでした。
そして、塩作りをされている方々は材料や作り方にこだわり、自分の道を極めている、まさしく“職人”だなと感じました。
塩はそんなに味に違いがないと思っているのであれば、5種類くらいを食べ比べてみてください。本当に違いますから。みなさんもぜひ自分好みの塩を見つけてみてくださいね。


★ソルトコーディネーター・青山志穂(あおやま・しほ)さん
青山志穂さんは県内にある塩の専門店に勤めた後、2012年に日本ソルトコーディネーター協会を立ち上げ、塩のスペシャリストであるソルトコーディネーターの育成、塩の知識や使い方などに関する講座や料理教室、食品メーカーの商品開発など、幅広く活動。沖縄を拠点に全国各地を飛び回り、塩の知識や魅力を伝えている。
【問い合わせ先】
一般社団法人 日本ソルトコーディネーター協会 代表理事
ソルトコーディネーター 青山志穂(あおやま・しほ)さん
TEL:098-800-2019
HP→http://saltcoordinator.jp/

★番組で青山さんが紹介した塩
●青山さんが料理教室で使用した塩
・青い海「沖縄の海水塩 青い海」:
手頃な価格で、味のバランスが良く、どんな料理にも合いやすい。
・ティーダ・サイエンス「あっちゃんの紅塩」:
本部町備瀬近海の海水をくみ上げて炊き、紅芋のアントシアニン色素を加えた、色鮮やか塩。
                                 
●使い分けて楽しい!青山さんオススメの塩
・沖縄ベルク「屋我地の塩」:
名護市・屋我地島近海の海水を使用。鉄釜で炊き上げることで、鉄分を含ませ、ミネラルたっぷりの赤みがかった塩に仕上げている。粒が大きく、塩辛さが強いため赤身の肉や魚など味の濃い食材と相性が良い。
・倶楽部 野甫(のほ)の塩「塩夢寿美(えんむすび)」:
伊平屋島の隣にある野甫島(のほじま)近海の海水を使い、手で揉みながら、太陽と風の力だけで結晶化した完全天日塩(てんぴえん)。粒が大きく、まろやかなため、白身の魚や肉など味が淡泊な食材と相性が良い。
・伊江島製塩「湧出(わじぃ)の塩」:
伊江島で製造。海中の琉球石灰岩から真水が湧き出す「湧出」と呼ばれる場所でミネラルを豊富に含む海水をくみ上げ、太陽と風の力だけで結晶化した完全天日塩。粒が小さく、力強い塩辛さがあるため、揚げ物などのこってりとした料理と相性が良い。
・パラダイスプラン「雪塩」:
宮古島で、琉球石灰岩を通してくみ上げた地下海水を原料に、瞬時に水分を蒸発させて作られるパウダー状の塩。海水の成分がほぼそのまま残っているのが特徴。粒が非常に小さく、まろやかなため、お米・野菜など、やさしい味わいの食材と相性が良い。                  
【補足情報】
・販売場所:番組で紹介した塩の中で「塩夢寿美」以外は、塩の専門店 塩屋(まーすやー)で取り扱っている。
塩の専門店 塩屋(まーすやー)
TEL:0120-040-155(平日12時~17時)
HP→http://www.ma-suya.net/

★倶楽部 野甫(のほ)の塩
青山さんがオススメした塩の1つ「塩夢寿美(えんむすび)」を製造している。 
【補足情報】
・販売場所:製塩所での直売、製塩所HPでの通信販売、OKINAWA文化屋雑貨店 久茂地店にて取り扱っている。
【問い合わせ先】
倶楽部 野甫(のほ)の塩
代表塩作人(しおつくりにん)・松宮賢(まつみや・けん)さん、妻・さゆりさん
TEL:0980-46-2180
住所:伊平屋村野甫396-1
HP→http://www.cam.hi-ho.ne.jp/nohonoshio/hpnohonoshio_001.htm

★高江洲製塩所
浜比嘉島にある製塩所。代表的な商品「浜比嘉塩」は浜比嘉島の海水を使用して作られ、ミネラルをバランス良く含み、粒が大きく、まろやかな味わいが特徴。塩職人の高江洲優(まさる)さんは海水のみを原料に、自然の力を利用した塩作りを目指し、2009年に製塩所を設立。流下(りゅうか)式塩田と呼ばれる装置に海水を循環させることで、風と太陽の力で水分を蒸発させた後、平窯で炊き上げ、塩を作っている。浜比嘉塩の他、炊き始めの時に結晶化した塩だけを集めた「大粒塩」、時間をかけてにがりを自然結晶させた塩で、1年にわずか20キロほどしかとれない「にがり塩」もある。また製塩所では、高江洲さんの案内により無料で施設を見学できる他、塩作りを体験することも可能。
【補足情報】
・営業時間:10時~16時(月~金)/10時~15時(土曜)。
・定休日:日曜日・祝祭日。雨天時は臨時休業。
・製塩所の見学は無料。
・塩作り体験は事前予約が必要。有料。
・販売場所:製塩所にて全商品を直売。塩の専門店 塩屋にて浜比嘉塩のみ取り扱っている。                   
※注意:大粒塩・にがり塩は製塩所のみで限定販売。にがり塩は現在は完売で、次回は8月中旬頃に販売予定。にがり塩の販売情報は製塩所HPに随時掲載。
【問い合わせ先】
高江洲製塩所
塩職人・高江洲優(たかえす・まさる)さん
TEL:098-977-8667
住所:うるま市勝連比嘉1597
HP→http://hamahigasalt.com/

★CAFE&DINING Santorini(サントリーニ)
2013年に浜比嘉島にオープンしたサントリーニは、県産食材にこだわり、フレンチベースの洋食を提供するお店。オープン当初から料理全般に高江洲製塩所の塩を愛用している。                                        
【補足情報】
・営業時間:11時~18時。
・定休日:水曜。
・番組で紹介した料理:浜比嘉ランチ(シーフード)。メイン料理はシーフード・チキン・ポークから選べる。料理の内容は季節により異なる。浜比嘉塩とにがり塩を使用。
【問い合わせ先】
CAFE&DINING Santorini(サントリーニ)
オーナーシェフ・長嶺由誠(ながみね・よしとも)さん
TEL:090-3016-4245
住所:うるま市勝連浜243-1
HP→https://www.santorini2013.net/



ご意見ご感想は下のフォームからお願いします。

番組のご感想

コメントはありません



番組の感想を書き込む

Comments must be approved before being published.