放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for April 2018

5月6日放送 おきでんシュガーホール新人演奏会~人と人をつなぐ音楽~


null
6月4日、第23回おきでんシュガーホール新人演奏会が開催され、オーディションに合格した若き演奏家たちがエネルギー溢れる演奏や歌を披露しました。今回のウチナー紀聞では演奏会本番と、その舞台に立つ演奏家たちの音楽活動を追いかけました。若手演奏家たちの音楽にかける想い、その先に目指す未来とは・・・。

※アンコール放送~2017年7月2日放送回~

4月29日放送 いぎみてぃぐま~地域への想いを作品に込めて~


null
4月6日から8日、大宜味村で行われた工芸展「いぎみてぃぐま」。大宜味村を拠点に活動する工芸作家たちが自ら主催し、15回目を迎えたいぎみてぃぐまは、陶芸、木工芸、芭蕉布、染織など様々な分野の作家が暮らす大宜味村ならではの工芸展。もの作りを通して地域を盛り上げたい。作家たちの熱い取り組みを追いかけます。

4月22日放送 南風原町の挑戦~観光のない町の取り組み~


null
県内で唯一海がない町、南風原町に海が出来た。その名も「町民劇団 海」。南風原町では、「無いと嘆くな、無ければ探そう!それでも無ければ創ろう!」の理念で町づくりを行っている。飛び安里といったヒーローの活用、生産地日本一のヘチマのPR等など。そんな南風原町の町づくりの取り組みを紹介する。

4月15日放送 歴史の虫眼鏡~字誌・故郷の記憶と記録~


null
戦前から地域の成り立ち、自然や歴史、民俗、芸能・文化をまとめた市町村史が発行されてきた。戦争で多くのものを失った戦後は、沖縄戦や移民の項目が追加あるいは、独立した章立てで10数年の歳月をかけて発刊されてきた。今回は、現在進行中の市町村史とは別に、公民館がある区域、字単位で制作している字誌の発刊に取り組む人達を紹介する。

※アンコール放送~2017年2月19日放送回~

4月8日放送 沖縄寿司旅


null
沖縄には、昔ながらの『いなり寿司』や、アメリカ風の『ロール寿司』、東京・八丈島の島寿司が変化した『大東寿司』など、様々な文化の影響を受けた寿司があります。番組では、琉球歴史家・賀数仁然さんが案内人となり、これらの寿司がどのように沖縄に伝わり広がっていったのか?各地の寿司を巡りながら、その謎に迫ります。