放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for September 2016

10月2日 ふるさと探訪 浦添の宿道を歩く


琉球王国時代、首里城を起点に各地への宿道があった。中頭方西海道は首里城から浦添を経由して、北谷、読谷山、国頭へとつないだ西海岸沿いの道である。今回のふるさと探訪は、復元整備された安波茶橋や当山の石畳道など、浦添市の経塚から当山までの宿道を辿る。

9月25日放送 ロボット競技大会~アイディアと技術を注いで~


9月2日に開催された沖縄県高等学校ロボット競技大会。今年で23回目を迎えた大会では、工業高校の生徒たちがアイディアと技術を注ぎこんで製作したロボットを持ち寄り、白熱した試合が繰り広げられました。今回のウチナー紀聞では、試行錯誤を重ねながらロボットの製作や練習に励む生徒たちを追いかけ、全国大会の出場権をかけた熱き戦いをご紹介。ものづくりを通して度重なる困難を乗り越え、それぞれが手にするものとは。

9月18日放送 琉球サイン~移りゆく街の景観~


外を歩けば必ず目にする標識・のぼり・看板。街はたくさんのサインで溢れている。看板は街の景観を作り時代を象徴してきた。戦後、繁栄を誇った琉米文化の面影を感じる事のできる沖縄市コザの町で、40年看板業に携わりながら市のガイドも務める大城貞夫さんによる、人気のまちまーいガイドツアー「哀愁のコザ看板物語」にスポットをあて、沖縄の景観を作ってきたいくつかの看板をご紹介。

※アンコール放送~2014年7月27日放送回~

9月11日放送 全国大会を目指すシニアスポーツマン


仕事を引退して第2の人生が始まるシニア世代の中に、スポーツに汗を流す人たちがいる。中でも全国大会を目指すシニアスポーツマンの目的意識はとても高い。今回はバスケット、陸上、バレーボールの全国大会を目指す3組をご紹介。