放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for April 2015

5月3日放送 親子で遊ぼう!春のピクニック


暖かくなり、春を感じる今日この頃、ピクニックに出かけてみませんか?今回のウチナー紀聞では、自然を体感できるちょっとスリリングな遊びから、植物や生物に触れる自然散策、川遊び、身近にある公園巡りまで、親子で遊べるピクニックプランをご紹介。お笑い芸人・ベンビーが体を張ってお届けします。

※アンコール放送~2012年4月29日放送回~

4月26日放送 マジムン~伝承から見える地域の魅力~


キジムナーなど沖縄の民話に頻繁に登場する“マジムン”。ここ数年、妖怪や怪談に関する本が数多く出版されるなど、今、マジムンがちょっとしたブームになっています。今回のウチナー紀聞では、地域の散策ツア―や紙芝居など、マジムンをテーマに様々な活動を展開する人々をご紹介。人々をひきつけてやまない、怪しくて深いマジムンの世界にご案内します。

4月19日放送 歴史の虫眼鏡~オランダ墓の謎~


日常に隠れている歴史の断片を掘り下げて見てみようという歴史の虫眼鏡。今回は「オランダ墓」。かつて琉球では西洋人のことをウランダーと呼んでいた。那覇のオランダ墓は、泊外人墓地。王国時代、泊村は漂流・漂着民収容センター的な場所であり、そこで亡くなった人を祀ったのが始まりだという。英国商船が宜名真沖で座礁・沈没し4名が眠っている国頭村宜名真のオランダ墓は、周囲を花崗岩が囲っている。周辺には船の積荷であった石材や鉄錨が再利用されて今も残っている。

4月12日放送 赤瓦ちょーびんのヨーンナー ブラ散歩!


地域を密着して観光ガイドする赤瓦ちょーびんさん。定番の観光地とは異なる寄り道コースなど、マニアックなウチナーをガイドしている。今回は豊見城市をちょーびんさんに案内してもらう。ポイントは集落に残る“石”を発見する散歩。梵字の入った珍しい石敢當、花ブロック、ジョン万次郎縁の家に残るヒンプンなど…ヨーンナー ブラ散歩する。

4月5日放送 復活!ンマハラセー 琉球競馬


かつて沖縄各地の馬場で行われていた琉球競馬(ンマハラセー)は2頭の馬が速さではなく、美しさを競うものでした。参加できるのは在来の小型の馬だけ。騎手も馬も着飾り、人々は熱狂して応援したと言います。沖縄戦前の大会を最後に途絶えていたンマハラセーが70年ぶりに復活しました。

※アンコール放送~2013年3月31日放送回~