放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for April 2010

5月2日放送 大輪の花咲かす~沖縄菊産業~


菊
夜、菊畑を照らすオレンジ色の光は、沖縄の冬の風物詩となっていますが、菊が全国シェアの90%を占める一大産業であるという事は意外と知られていません。
そこで、今回のウチナー紀聞は知られざる菊産業の裏側にスポットをあてます。地理的条件は圧倒的に不利にも関わらず、沖縄の菊産業が全国シェア90%を占めるまで成長した要因はなんだったのか…どのようにして、本土の他の産地とシェアを争い、勝って来たのか…
その歴史と現在に迫ります。

4月25日放送 ふるさと探訪 歩いて見よう~大山ターブックヮ~


大山ターブックヮ
宜野湾市の大山ターブックヮを“ふるさと探訪人”よっちゃんが一枚の写真を持って訪ねました。
古くから知られるターブックヮ(水田地帯)では、特産品のターンム(田芋)が作られています。車では入る事ができず、訪れる人も少ない場所ですが、親から引継いだ田んぼを守っている人達と豊かな湧水、そんな昔の風情が残っています。
戦前は水田地帯を軽便鉄道が走っていたという大山ターブックヮを、FECのよっちゃんが歩いて紹介します。

4月18日放送 水上店舗


国際通りから一歩足を踏み入れたところに、「水上店舗」と呼ばれる建物があります。今でこそ観光客の多いこの辺りは、戦後、人々の生活を支えた中心街でした。60年以上の時を経て独自の発展を遂げてきた水上店舗は、今もなお、地域住民から熱い支持を受け続けています。
水上店舗の今と昔を照らし合わせながら、この場所が愛されるワケ、水上店舗を巡る人々の想いに迫ります。

4月11日放送 シーサー魂


シーサー
沖縄を歩けば必ずといっていいほど、シーサ―を見かけます。
屋根の上や門前に据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔よけ「シーサー」。
シルクロードを経由して、沖縄に入ってきたシーサーは、やちむんシーサーや漆喰シーサー、壺屋で毎年行われている「シーサーの日」のイベントなど、今も沖縄の人々と共にあります。
そこで今回のウチナー紀聞ではそんな沖縄の守り神「シーサー」の魅力を綴ります。