放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for January 2010

1月31日放送 書き記された記憶~琉球士族の系図・家譜~


家譜
大いなる遺産シリーズ第十九話。テーマは、王国時代、士族層のみに持つことが許された一族の系図・家譜。それは単なる家系図ではなく、人々の人生、地域の歴史が刻まれた王国の記録です。
琉球の家譜は王府が圧倒的に関わって作成されたため、その内容は非常に信頼性が高く、歴史資料としても使用されているのです。
家譜にはいったいどのようなことが書かれているのか、祖先の記憶を読み解きます。

1月24日放送 沖縄の書道


書道
王国時代の石碑の文字から、沖縄の書道文化を知ることができます。
文字の美しさや心を表現する書道には、漢字だけの書、仮名の書、漢字仮名交じりの3つの分野があります。
手本は、中国や日本の古典。古典の文字を正確に書き写す事から、自分独自の表現へと踏み出すことができるのです。
習字から書道へと進む高校生達と3つの分野で活躍する書家を紹介。
書道に触れ、楽しむことで、別な世界が見えてきます。

1月17日放送 笑いは生きるチカラ 山城智二


山城智二
人を笑わすことに人生を賭ける、他人の笑顔を作ることが金を稼ぐことに直結するプロの芸人。
そんな人々の中に山城智二という男がいます。彼はお笑い芸人であり、「お笑い演芸集団FEC」の社長。さらに桜坂市民大学で「笑い」の講師もしています。
「笑い」で飯を食い、「笑い」で人を育てている存在。
沖縄で芸人を生業とすることはどういうことなのか? そして何故、今、笑いは求められているのか? 
ローカルお笑い芸人の「光」と「影」、山城の笑いと共に生きる人生を切り取ります。

1月10日放送 警察110番~まちのおまわりさん~


110番
1月10日は「110番の日」。
警察って身近な存在だけど、実はあまりよく知らないことの方が多いと思います。
本来、地域に密接した活動をしているのが警察。ウチナー口で交通安全指導をするおまわりさん、飲酒運転撲滅のために頑張る警察官などなど。地域に密接した警察の取り組みを紹介し、普段見ることが出来ない警察の活動に迫ります。

2010年1月3日放送 三百年の時を超え~古地図かた手に首里歩き~


首里古地図
ウチナー紀聞大いなる遺産シリーズ第十八話は、これまでと少し趣向を変えて、写真師の垂見健吾さんとナビゲーターの諸見里杉子さんの首里探訪を追いました。300年前の首里を描いたとされる「首里古地図」を見ながら現在の首里の町を歩いてみよう。という企画です。
300年前と現在、首里はどのように変わったのか、はたまた変わっていないのか。
庭園都市とも言われた琉球王国の城下町・首里を歩きます。