放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for November 2009

11月29日放送 貢納布ものがたり~女たちが極めた手わざ~


貢納布
ウチナー紀聞大いなる遺産シリーズ第十七話。
テーマは「貢納布」です。
貢納布とは、琉球王国時代、島々の女性たちが王府へ税として納めた布のこと。
薩摩の侵攻以来、先島にだけ課せられることとなった『人頭税』の重圧の中で、島の女性たちの染織のわざは磨かれ極まりました。
今回は八重山上布にスポットを当て、現代にまで受け継がれてきた染織の歴史をひも解きます。

11月22日放送 沖縄生まれ、沖縄育ち・・・肉用牛


今回特集するのは“肉用牛”、つまり、私たちにおいしいお肉を提供してくれている牛です。
実は、沖縄は全国有数の子牛の名産地。また近年では、「石垣牛」「もとぶ牛」といった沖縄生まれ、沖縄育ちのブランド牛も県内各地に登場しています。
番組では、生産現場で模索される新たな飼育方法、牛肉を使った商品の開発、ブランド牛が食べられるお店情報など、肉用牛を一挙ご紹介します。

11月15日放送 那覇大綱挽~受け継がれる伝統~


那覇大綱挽
かつて琉球王国時代に行われていた「那覇四町大綱」の歴史を受け継ぐ「那覇大綱挽」。
およそ400年の歴史があるといわれ、今では沖縄を代表する伝統行事となっています。
中でも国際通りで行われる旗頭行列では、迫力ある演武に多くの観客が魅了されます。
各字を代表する旗頭に誇りを持ち、その伝統を絶やさぬよう取り組みを行う人々の活躍を紹介します。

11月8日放送 兼箇段子ども獅子舞


兼箇段
舞い手の不在で4年前から踊られなくなっていた、うるま市兼箇段の獅子舞。
舞い手のひとりである田場さんは、後継者を育てるため子どもたちへの指導を進めてきました。いまや、中高生の女子が30キロ近い獅子を自在に操るほどに成長。
そして今年、念願だった「全島獅子舞フェスティバル」への出場が決定。しかも、兼箇段が獅子舞フェスティバルのトリをつとめることに! 地域の伝統芸能を受け継ぐ子どもたちの姿を描きます。

11月1日放送 移動店舗~待っている人がいるから~


移動店舗
テーマは「移動店舗」。
移動店舗といえば、沖縄ではパーラーを思い浮かべる人も多いのでは。しかし、今ではその種類も様々に変化しつつあります。そこで今回のウチナー紀聞は、知る人ぞ知る人気のお店から、こんなの見たことないというものまで移動店舗尽くしでお送りします。
なぜ移動なのか。そこには独特の販売方法にかける思いやこだわりがありました。

アンコール放送~2007年11月11日放送回~