放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for May 2009

5月31日放送 神々の祈り~久高島と琉球王国~


久高島
大いなる遺産シリーズ第十一話。
今回のテーマは「琉球の信仰」、そして「久高島」です。
神の島と名高い久高島・・・なぜそれほど神聖視されてきたのか。久高島で12年に一度行なわれてきた秘祭『イザイホー』のもつ意味とは何なのか。
琉球国の創世神話から、王府の信仰のカタチ、そこに深く関わっていた久高島を歩き、ひも解きます。

5月24日放送 琉球玩具


旧暦の5月4日は“ユッカヌヒー”。この日は各地でハーリーが催され、船をこぐ男たちの勇姿に人々が心を躍らせます。そしてユッカヌヒーには、かつて年に一度の玩具市が開かれ、親が子どもに玩具を買い与える風習がありました。玩具市で売られていたのは、張り子を中心とした伝統的な琉球玩具です。琉球玩具に込められた願い、未来へとその歴史を繋ぐ人々の想いとは…。


5月17日放送 沖縄古謡の記録


沖縄の古謡
沖縄の各島々には貴重な古謡が歌い継がれています。古謡とは祭祀行事の神歌や農作業等で歌われる三線が伝わる以前の古いうたの事。現状は、古謡が歌われる機会も減り、歌える人も高齢化するなど、危機的な状況の中で、地道に古謡の記録、保存事業が進められています。
古謡が生まれた時代背景や歌い継いできた人たちの想い―。記録・保存事業を通して謡で日々を表現してきた昔人の心に触れます。

5月10日放送 OKINAWA×JAZZ


沖縄ジャズ
今年でオープン30周年のJAZZ Bar「寓話」。店主を務める沖縄JAZZ会の重鎮、屋良文雄の人生は常にJAZZと共にありました。
本土復帰と共に衰退する県内のJAZZ界において、多くのプレイヤーが活動を辞める中、演奏を続けてきた屋良さん。
その他、沖縄JAZZの歴史、現在の県内JAZZ事情の取材を通し、人々を魅了するJAZZの魅力に迫ります。

5月3日放送 触れる力~お年寄りをキレイに元気に~


美容介護
お化粧などの美容を通して、お年寄りの心のケアをする“美容介護”という言葉。この言葉は沖縄で生まれ、今、地域や介護の現場に広がり始めています。
この場合の美容とは、単なる手段にすぎません。大事なキーワードとなるのが“触れる”ということ。
なぜ美容でお年寄りが元気になるのか、美容介護に取り組む人々の思いとは…。

アンコール放送~2007年7月22日放送回~