放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for April 2008

4月27日放送 海をきれいに!~jimamaがみた恩納村の海~


海をきれいに
海の環境保全をテーマに、4月5日恩納村で地元ダイビングショップ等が協力し合い大規模なビーチクリーン&エコライブイベントが開催された。
ライブには県内を拠点に活躍するシンガーjimama(ジママ)が参加。
初めてビーチクリーンに参加するjimamaの心情を通して沖縄の海の現状を描き、いつまでもきれいな海で潜り続けたいと願うダイバーの想いに迫る。

4月20日放送 琉球古典焼


琉球古典焼
300年以上の歴史を誇る壺屋焼。
大正時代には陶器商人によって“琉球古典焼”と名付けられた焼物が作られていた。
エジプト文様あるいはウルマ文様と呼ばれた文様がそれまで壺屋にはなかった技法で描かれ、独自の世界を展開していた。
長い間、話題になることはなかったが、数年前の展示会をきっかけとして、時の彼方から姿を現し、再び注目を集めている。

4月13日放送 地産地消~安心安全な食を目指して~


地産地消
近年、輸入食品を中心とした食品への不信感が募り、食の安全性を求める声が高まっています。
そんな中、注目を集めている「地産地消」への取り組み。
地元で生産されたものを地元で消費する、この地産地消への取り組みは、学校給食、地域直売所、量販店など様々な現場へ広がりをみせています。
なぜ今地産地消なのか、取り組みの目指す未来は…。

4月6日放送 共同店~100年目のスタート~


共同売店
共同売店・共同店などと呼ばれる店がある。その共同店が最初に誕生したのが国頭村奥。住民の共同出資によって明治39年に設立された共同点は、今年100周年を迎える。共同点は日用品の販売だけでなく、金融業、地域の産業育成など、様々な役割を果たしてきた。今週は奥、喜如嘉、川田の共同店を紹介します。


アンコール放送~H18年4月16日放送