放送リスト

【ウチナー紀聞】

沖縄電力が提供している「ウチナー紀聞」は、沖縄の文化・歴史・自然そして人 などを「沖縄の財産」と考え、県民のみなさんにお伝えする番組です。
1997年から始まった当番組は、お陰さまでご好評いただいており今年で21年目を 迎えました。

今後も、「沖縄の財産」を後世に残していくべく、地域に根ざした番組作りを目 指してまいります!



ウチナー紀聞

琉球放送 RBC
毎週日曜日
11:00 放送

過去の放送分

リンク

沖縄電力
琉球放送株式会社
株式会社沖縄映像センター

You are viewing the archives for February 2008

2月24日放送 沖縄青少年科学作品展― 受け継がれる“科学する心”―


青少年科学作品展
今月9日・10日、浦添市民体育館で「第30回沖縄青少年科学作品展」が開催されました。毎年行われるこの作品展は、子供たちが自由研究を発表する場であると同時に、親子で楽しめる体験コーナーもあり、多くの来場客でにぎわいます。
1979年にスタートした作品展も今年で30周年。作品展誕生の裏側には、様々な人々の思いがありました。
歴史を紐解き見えた、その思いとは…。

2月17日放送 比屋定篤子~癒しの声の奏でる歌~


比屋定篤子
「サウダージ・ヴォイス」これは比屋定篤子の声を形容する言葉だ。どこか懐かしさを感じる癒しの声。
彼女が奏でる音楽は聴く人を安心させるやさしさに満ちている。
2007年11月、デビュー10周年を迎えた比屋定篤子。
東京の大手レコード会社との契約を終え、2001年からは沖縄で家族とともに暮らしながらマイペースな音楽活動をしている。比屋定篤子は、今沖縄でなにを感じ、奏でているのか・・・

2月10日放送 沖縄の骨董


骨董
沖縄では、戦争で全てが破壊されたイメージが強く、骨董品といってもピンとこない。しかし、沖縄にも骨董屋があり、定期的に骨董市が開かれている。
骨董品は決して高い物ではなく、気軽に骨董店や骨董市を覗いて欲しいという骨董屋さん。王朝時代の物だけが骨董ではなく、戦前戦後のアンティークな着物や器など生活道具がかつての人々の暮らしを物語る。
骨董の持つ魅力に浸るひととき。

2月3日放送 ふくらしや自然体験塾


ふくらしゃ自然体験塾
金武町億首川。
小さい頃、その億首川で遊んでいた4人の地元の若者たちがエコツーリズムの会社を立ち上げた。
夢中になって遊んでいたあの頃の楽しさを今の子供たちに伝えたい!周辺の豊かな自然と環境に触れて学んで欲しい。その熱い想いは、地域づくりへと広がりを見せている。
億首川の上流には米軍基地があるが、自然あふれる金武町へ向けて取り組む自然体験塾を紹介する。

アンコール放送~H18年2月5日放送